家庭の状況が変わり保険の見直しを考えている方も多いと思いますが、損をする事のないように専門家に相談を。

保険の見直しはとても重要なこと
保険の見直しはとても重要なこと

保険の見直しで損をしない様に

わが家では結婚を機に保険に加入をしました。
子どもの事も考え、万が一の場合にはどのくらいの金額を残せると良いのか、手術、入院した場合どのくらい必要か、また掛け金は家計を圧迫しないかなど検討しました。
それから20年余経過し長男は大学生、二男は高校生になりました。
今が一番教育資金がかかる時ですが、幸い学資保険に加入していたために見通しがたっています。

しかし、リーマンショック以降の不景気で収入が減っている事は大変生活を圧迫しています。
特に支出に占める割合は大きいのが保険料です。
保険料を安くしたと思うところですが、何が必要で何が不要なのか検討しなくてはなりません。解約は最終手段だと聞いたことがあります。
現在加入している保険を上手に見直す事が良いと思います。
子どもが小さかった頃は、死亡保険金を大きくすることが必要でしたが、子どもの成長に伴いここを減額して保険料を安くすることも良いと思うのです。
また、今まで支払ってきた保険を下取りしてもらい、新しいタイプの保険に転換する方法もあるそうです。

気をつけたいのが、見直しにより大変損をしてしまうケースがある事です。
昔加入した終身保険で定期性の高いものは、見直すことによって現在の低い利息になってしまうので大変損をしてしまうそうです。
今加入している保険はどういうものなのか知らなくてはなりません。テレビで保険の見直しを薦めるコマーシャルを見るにつけ一度プロの方に相談してみたいと思うところです。